プラス小型犬

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザー

ミニチュア犬として人気の高いミニチュアシュナウザーは、体高30〜36cm・体重6〜8kg程度の大変扱いやすい大きさの小型犬です。人懐っこい性格とほわほわとした眉毛や髭が愛嬌のある表情を作り、見ているだけでも周りを和ませてくれます。


ミニチュアシュナウザーとは

口元を覆う豊かな髭と眉毛が知的な印象を与えます。人にも動物にも慣れ親しみやすく、人気が高くなっているミニチュア犬です。

性格

大変穏やかな性格で噛みクセもほとんどありません。丈夫で活動的ですが騒がしくほえる事も少なく落ち着いています。訓練次第では、しっかりと吼える警備犬としても活躍させることが出来ます。しつけもしやすく、他の犬や人間との共同生活を大変好みます。そのため、子供がいる家庭でも比較的飼いやすい性格の犬種といえます。

毛色

一般的に多く飼育されているミニチュア・シュナウザーは、黒とシルバーの入り混じった「ブラック&シルバー」や、真っ黒な「ブラック」、「ブラック&シルバー」の口髭に褐色の混じった「ソルト&ペッパー」という毛色のものが多いようです。また、「ホワイトミニチュアシュナウザー」という真っ白な毛色のタイプもいますが、あまり多くは見かけません。

歴史・由来

小型のスタンダード・シュナウザーにアッフェンピンシャーやミニチュアピンシャーを掛け合わせて小型化したものです。スタンダードシュナウザーをそのまま小さくしたような外見で、毛量の多い眉毛と口髭、垂れた耳が特徴です。もともとは、農家や農場などでねずみなどのげっ歯類を捕獲したり、家畜の番をしていた能力の高い犬種です。ミニチュアシュナウザーの「シュナウザー」とは、ドイツ語で「鼻」「口吻」という意味を表していて、鼻筋が通った外見からきたものといわれています。

ミニチュアシュナウザーの飼い方

元気一杯のミニチュアシュナウザーの仔犬を飼うときには、子供が一人増えようなつもりで家族の一員に迎え入れましょう。

選び方

人や他の動物にも慣れやすく親しみやすい性格のミニチュアシュナウザーは、基本的無駄吠えが少ない犬ですが、番犬として飼いたい場合には比較的吼える子犬を選ぶと良いでしょう。また、ミニチュアシュナウザーを専門にブリードしているブリーダーに、親犬や祖母犬、祖父犬を見せてもらうとどのような性質を持った成犬になるかを想像して選ぶことが出来ます。そのため、自分の欲しい犬の性別や性格を伝えておき、実際にフィーリングなどをみて選ぶことが出来るブリーダーから譲ってもらうのがお勧めです。

しつけ

比較的抜け毛が少ないミニチュアシュナウザーは、室内犬として飼育されることが多いので、部屋の中にトイレのスペースを作り始めにトイレを覚えさせるようにしましょう。また、人間との共同スペースで自由に行動させる場合が多いので、人間の食事は食べてはいけないということを始めに教えておく必要があります。しつけをする時には、家族全員が統一性をもって教えていくのがポイントです。一人が甘やかしていたり、一人だけが厳しいと、犬が混乱してしつけが上手くいかない原因となります。

飼う時のポイント

ミニチュアシュナウザーは長年の交配によってもともと温厚だった性格が段々と神経質になってきているという兆候が見られます。室内犬や「コンパニオンドッグ」として飼われることが多いのですが、一日1〜2回日光浴をかねた運動をさせることで欲求不満になったりストレスがたまって神経質になるのを防ぐことが出来ます。また、口髭が特徴のミニチュアシュナウザーは、食事の後に口周りが汚れやすいため、定期的にトリミングをしたり、毛の長さを短くしたり、食事の後には拭き取るなどの工夫をすると良いでしょう。