プラス小型犬

ミニチュアピンシャー

ミニチュアピンシャー

比較的小型のジャーマンピンシャーをさらに小さく改良したミニチュアピンシャーは、「ミニピン」の愛称で親しまれている人気のミニチュア犬です。均整の取れた身体ときりっとした顔にちょっと不釣合いなくらい大きな耳と大きな目がとってもかわいいんですよね。


ミニチュアピンシャーの特徴

小さなドーベルマンのような外見と雰囲気を持っていますが、同じドイツで改良された犬というだけで実は血統的な繋がりはありません。馬のように前足を高く上げて歩くのが特徴的で、その姿は気品に溢れています。

性格

大きな耳で周囲の音や気配にすばやく反応しますが、臆病というわけではなく好奇心旺盛な性格の子がおおいようです。もともと、ネズミ捕りの名手として使用されていた事もあり、噛み付いてから相手の様子を伺うという性質を持っています。また、小柄ながら大変活発で喜怒哀楽の感情が表情や態度に出やすいので、コミニュケーションの取りやすい犬種といえます。

外見

3〜5kgと大変小さくミニチュア犬の中でも時に小さい体格をしています。被毛は全体的に均一に生えそろっていて、美しい光沢があります。毛色はレッド・チョコレート・ブルー・ブラックがありますが、特に黒の毛色はツヤのある光沢を見ることが出来ます。また、イングリッシュトイテリアとミニチュアピンシャーは、本当によく似た外見をしていますが、不思議なことにこの2種類の犬は全く違った系統から生み出されました。

由来・歴史

もともと農家や納屋などのネズミを駆除するために飼われていたジャーマン・ピンシャーをより小型で洗練されたコンパニオンドッグへと改良されました。ネズミなどのげっ歯類に噛み付いてから、相手の様子を伺うという性質をもっていることから、「噛む犬」という「ピンシャー」という名前がつけられています。また、ネズミ捕りをする必要の無くなった現在でも、勇敢で大胆な性格は変わっておらず、自分より大きな犬にもひるまず向かっていく事もあります。

ミニチュアピンシャーの飼い方

活発で遊び始めたらじっとしていることのない子犬には、バランスの良い栄養と十分な運動をすることで、丈夫で美しい被毛の成犬に成長します。また、賢く勇敢な性格のため身体は小さくても大変優秀な番犬になります。

選び方

ブリーダーの所では、気になった子犬たちの行動をしばらく観察してみるのがおすすめです。ミニチュア・ピンシャーは、感情が表情に表れやすいため仔犬同士が遊んでいる時や人間に対する反応から、我慢強さや警戒心の強さ、気の長さなどもともとの個性を見ることが出来ます。ミニチュアピンシャーを繁殖させている専門のブリーダーには、沢山の人が仔犬を見に訪れますからから、知らない人への警戒心もあまり強く無い慣れやすい子が多いといえます。また、ミニチュアピンシャーについて専門知識が豊富なブリーダーなら、飼い方や健康管理のアドバイスを受ける事もできます。

飼う時のポイント

大胆で物怖じしない性格のため、知らない人や犬などがいるところでは、警戒心が強くなります。仔犬のうちから色々な犬や人と接する機会を多く作ると、警戒心や攻撃性の少ない体力のあるミニチュアピンシャーを飼う場合には、運動不足にならないように十分な運動量のある散歩や運動の時間を取ることが大切です。番犬としてしつける場合には、家族以外の人や犬に対して必要以上に慣れさせる必要はありません。しかし、警戒心が高くなりすぎると、来客者が家に入りにくくなってしまったり、散歩の時に他の犬がいる場所で遊ばせにくくなってしまう場合もあります。